さまざまなサポートが受けられる

住宅模型

家を貸す場合には、自分の力だけで貸すことは難しいです。もし自分の近くに家を借りたいという人がいれば、自分だけの力で家を貸すことができるかもしれません。ですがそのような偶然がない限りは、なかなか買い手が見付からないでしょう。そこで重要になるのが、間に不動産会社を入れることです。不動産会社の役割は、家の借り手を探すことです。不動産会社の方で家の借り手を探すことができ比較的短期間で借り手を見付けてきます。この場合にはそれなりの広告を出しますが、とても個人で出せるような広告の内容ではありません。そのような意味においても、不動産会社を間に入れるのはとても重要なことだとわかるでしょう。お金はかかりますが、それ以上のメリットが確実なります。

不動産会社と仲介契約を結ぶ

家を貸す場合には、不動産会社を利用することが多いですが、どのような仕組みになっているかといえばまず不動産会社と仲介契約を結ぶ必要があります。不動産会社と仲介契約を結び仲介手数料を支払うのが基本です。ただこの時には、住宅の借り手が見つかった場合に支払うことが多くなります。そもそも不動産会社を使う理由は住宅を借りようとしている人を見付けてもらうためです。全くそのような人が見つかっていないのに、無駄に手数料を払う必要はありません。手数料の金額はどれぐらいになるか気になるところですが、ひと月の家賃と同じぐらいになると考えておいてよいでしょう。家賃が\50000程度のところは、\50000ぐらいの仲介手数料を支払うのが基本です。

契約もしてくれる

不動産会社と家を貸す契約をした場合には、あと住宅を借りる人を見つけるだけですが、これらの契約も自動的に不動産会社の方で行ってくれます。例えばカギの明け渡しや審査に関するものなどはすべて不動産会社を通じて行うことになっていますので、建物のオーナーが出ていきわざわざ契約について説明をする必要はありません。もちろん事前に打ち合わせをしておき、どのような契約にしたいのかなどを不動産会社に伝えることになります。ですが役割はそこまでで、ほとんどそれ以上オーナーが表に出ていくことはありません。借りる人とオーダーが全く結びつかないようなことも十分あり得ます。実際に最近の仕組みでは、オーナーとその家を借りている人が顔を合わせたことがない例も多いはずです。それもそのはず、オーナーとしても一つの物件だけを所有しているわけではないことが多いからです。複数の物件を所有しているため、すべての住人の顔や名前まで覚えていることはあまりありません。ただ例外的に、一つの物件しか所有していない場合にはオーナーと借りている人がつながることもあります。

広告募集中