HOME>イチオシ情報>賃貸オーナーは住宅を持っていればチャレンジできます

賃貸オーナーに安心してなる方法とは

住宅模型

住宅を複数所有している方は、使用していない家が発生する事があります。使用していない家であっても、税金は毎年発生しますから、有効活用した方が、税金対策にもなります。使用していない家を貸す事で、賃貸オーナーになる事ができますから、入居者の方から、家賃を支払って貰えます。家賃収入を得る事で、本業とは別に収入を得る事ができるので、自然と生活が豊かになるメリットが存在します。しかし家を貸す事により、建物自体が劣化したり、何かが壊れてしまう事が考えられるので、入居者の方と、事前に契約について話し合う事が大切です。管理会社を利用する事で、面倒な手続きを業者側に対応して貰えるので、非常に楽な状態で賃貸オーナーになる事ができます。

決められた期間だけ家を貸せる契約とは

家を貸す時に入居者の方と契約を結ぶ必要がありますが、契約にも種類があります。定期借家契約は契約更新の無い契約になり、契約の期間を自由に決める事ができます。例えば、所有者が家を貸す時のケースとして、出張や転勤等で一時的に家を使用しない期間が発生して、その期間中だけ家を貸したい時等に役立つ契約です。更新が無いメリットにより、契約期間が終了した段階で、確実に貸した家を明け渡して貰えますから、入居者の方と揉めずに済みます。

安定して家賃収入を得られる契約とは

定期借家契約は決められた期間だけ家を貸す事ができるので便利ですが、長期間住まいを確保したい方等からは敬遠されやすい契約なので、中々入居希望者が現れないリスクがあります。そんな時に普通借家契約を結ぶ事で、安定した家賃収入を狙う事ができます。普通借家契約は契約期間を1年以上で設定して、借主から契約解除の申し出がない限り、契約が自動更新されていくシステムです。入居者が退去を申し出るまで、家賃収入を確保できるので、長期的に安定した不動産投資をしたい場合には、とても頼りになる契約です。

広告募集中